お金

コツコツ実践 お金の守り方(資産把握の仕方)

はじめまして、さくさくといいます。

サラリーマンをしながら自分自身にとって豊かな生活を送る為の勉強をしています。

今回は、お金を守っていくために必要なことをテーマとさせていただきます。

人生を送る為にはお金は切り離せないアイテムとなりますが、浪費によって失うことほど悲しいことはありません。

浪費による無駄な損失をできるだけ少なくするための守る方法として実践している方法を共有できればと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

めんどくさいは資産把握の大敵

お金を守るには、ご自身が普段からどのようなことにお金を使っているか把握する必要があります。

皆さんはご自身の財布、銀行口座に今どのくらいのお金があるか正確に把握できていますでしょうか。

正確に把握するためには、家計簿を作って管理することがとても重要です。

ですが、家計簿自体をつけるのが面倒で、途中で投げ出してしまうようでは前には進みません。

紙の家計簿やスマホアプリの家計簿など多くを試しましたが、途中で断念することが多くありました。

断念しそうと思うのは「めんどくさい」って要素が大きな原因だと思います。

買い物をしてレシートを受け取って、後で家計簿をつける。って非常にめんどくさいですよね?この後でつけるといった行為が面倒なんですよね。

なので、お金の出し入れのタイミングで家計簿が自動でつけられると嬉しいんだと思います。

ツールの組み合わせで家計簿の自動記帳を実現させよう

お金の出し入れが極力自動化できる方法を皆さんに紹介させていただきます。

この方法は大人(クレジットカードが作れる)であること、高機能なスマホ(おサイフケータイ対応)と私のお気に入りの家計簿アプリで実現することができます。

大事なのでもう一回書きます。

  • 大人であること(クレジットカード)
  • 高機能なスマホ(おサイフケータイ対応:iPhone10がおすすめ)
  • Money Forward Me(家計簿アプリ)

これらを組み合わせるとほぼ自動的に、利用したお金の管理(履歴とか)やどの口座にどれだけの資産があるかを把握することができるようになります。

それは、家計簿アプリには、銀行口座やクレジットカード、証券口座、などなどと連携する機能がついているからです。

  • クレジットカードは大体連携できる。(私は楽天カードを主に利用)
  • 電子マネーはEdy,Suica,LINEPAYが連携できている。(バーコード系はまだ連携先がすくない?)
  • 銀行口座や証券口座は大体連携できる。(オンライン利用の申請が必要な場合あり)

家計簿アプリは有償・無償があります。

無償で連携できるのでざっくり把握するのは無償で十分だと思います。

ただ私自身は、証券口座をリアルタイムに連携したい無駄な欲求に負け有償版(年間費:6,000円程度)を利用しています。

詳しいアプリの紹介はyoutubeに参考動画がありますので、リンクしておきます。

支払では、現金は厳禁

利用実態をほぼ正確に把握していくには、現金の利用を避けましょう。

理由はアプリはこの部分は自動化してくれないからです。(バーコード読み取り機能とかないから)

極力自動化するためには以下の方法がとても有効です。

  • 支払いは嫌がられてもクレジットカードを利用する
  • 電子マネーを利用する

どうしても現金でなくては支払いができない場合は、素直に現金を使いましょう。

現金利用時は家計簿アプリに入力は忘れずに。。。

私は、都内在住なのでほとんどのお店が電子マネー対応ということで個人的にお気に入りのEdyをよく利用しています。

電子マネーが使えないお店は、少額でもクレジットカードを利用するので、ほぼ現金を使うことのなく自動化された家計簿が完成しています。

まとめ

今回の情報はお役に立ちましたでしょうか。

少しの工夫で、お金の浪費を見つけやすくすることができますので、是非活用してみてください。今回の情報が役に立ったと思ってくれる方が少しでもいれば、私はとても嬉しいです。