Money

手軽にポイントサイト活用

こんにちは!さくさくです。

今回は、世の中にあるポイントサイトの活用方法について、実際に私が行ったことを例に情報を共有していきたいと思います。

結論としては、唯一活用しても良いと思う利用方法となる、航空券をマイルで購入の方法について説明していきます。

この方法はかなりゆるーくマイルを貯める方法です。

手間のかからない範囲で気長にマイルを貯めて航空券を無料で手に入れる方法として読んでいただければと思っています。

準備するもの

まず初めに準備するものとしては、以下の2点です。

  • ポイントサイトのアカウント
  • 航空会社のクレジットカード
  • .moneyのアカウント

ポイントサイトのアカウント

有名なものだとモッピー、ハピタスというサービスがあります。

これらのサービスは、そのサイトを経由して何かの商品を購入したり、何かの口座を開設したりすると紹介料としてポイントが配布されます。

そのポイントは、銀行口座への振り替えや各種サイトのポイントへ交換することができるというものです。

まずは、それらのサイトを利用するためのアカウントを作成しましょう。

航空会社のクレジットカード

日本の代表的な航空会社にはANAとJALがあると思います。

今回は、最も活用しやすいANAを例に説明していきます。

ANAを活用する場合に、契約するべきクレジットカードは1種類に限定されます。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

ポイントサイトの還元率は、75%と全てのポイントを移行することが出来るわけではありませんが、楽天ポイントからの移行(50%)と比較してみるとかなり良いことが分かります。

マイルを効率よくためるためには、このカードを作成しておく必要があります。

.moneyのアカウント

マイルの交換ルート上必要になるアカウントです。

作成は無料で必要事項を記入するのみなので、まだお持ちでない方は作成しましょう。

ポイントサイトでポイントを獲得

準備が整ったらポイントサイトでポイントを獲得していきましょう。

ポイントサイトを利用したポイント獲得手段は、ポイントサイト経由で証券口座などの口座を開設したり、クレジットカードを作成したり、Webショップへのアクセスする等の手段があります。

今回は手間なく気長やることをおすすめしたいので、作業効率や手間を考えると口座開設とクレジットカード作成をおすすめします。

なんどか利用した私の主観ですが、一回の口座開設などで、10,000ポイント以上を提供いただけるサービスは口座開設後の取引条件の難易度が高いものが多い印象です。

したがって、5,000~10,000ポイントの層を狙うことをおすすめします。

それでは、クレジットカードと口座開設でポイントを獲得する際のコツをお伝えしようと思います。

クレジットカード作成

クレジットカード作成は大抵の場合、そのクレジットカードを初めて作成する時のみポイントが付与されます。

VISA,MASTER,JCBなどのブランドが違う場合、初めての作成としてカウントされます。

以下図のようにポイント獲得条件には、申し込みから翌月末までに5,000円を作成したカードで利用するといった条件がありますので、見落とすことなく実施しましょう。

なお、クレジットカードの作成は、個人の信用情報にもとづき作成することがなっています。

月に2枚程度までなら、信用情報に傷がつくことはないと考えています。

クレジットカードの申し込みを拒否された場合は、信用情報の回復に6ヵ月かかりますので、注意して作成してください。

個人の信用情報を確認するには以下サイトを活用ください。

口座開設

口座開設では、証券口座、FX口座など様々な金融取引に係る口座の開設をすすめることでポイントを獲得することができます。

上記のように、口座開設して入金のみをすることで獲得できるものがありますので、こういった条件のものは、楽にポイントを獲得することができるので、申し込みされると良いでしょう。

指定口座に一定額の入金をするだけのものがおすすめです。

管理リストの作成

口座開設やクレジットカードの作成は、かならず管理するためのリストを作っておきましょう。

開設条件に初回開設といった条件や、解約から一年以上経過していることなどの条件があることがあります。

いつどの時期に開設していたかを確認する意味で管理リストを作成することおすすめしています。

私は、MicrosoftのExcelなどのスプレッドシートで以下の項目を管理しています。

商品名 申し込みをしたサービスの正式名を記録します
審査日 申し込みした日付を記録します
審査通過日 審査が通った日、口座開設した日を記録します
獲得ポイント 獲得したポイント数を記録します
解約日 口座を閉じた日、カードを解約した日 などを記録します。

少し面倒に感じることかもしれませんが、このちょっとしたことが忘れた頃に役立つかもしれませんので、これらの情報とご自身の管理したい情報を合わせて活用されるとよいでしょう。

貯まったポイントの変換

ポイントが貯まった後は、ポイントをマイルに変更していきます。

変換は今まで作成した「.money」と「クレジットカード」を利用してポイントからマイルに変換していきます。

ポイントをマイルに変換するルート

各サービスでポイントの交換ができるサービスが用意されていますので、上記の順序に従って、指定のポイントやマイルに変換することによってマイルを獲得することができるようになります。

マイルの有効期限

マイルに変換したあとですが、マイルの有効期限についてもご注意ください。

基本的には3年間の有効期限と覚えておけばよいですが、航空会社のホームページも確認しておくと良いでしょう。

必要マイルチャート

国内・国外で航空券をマイルで取得するにあたっての必要マイル数と注意事項についてです。

マイルを貯めてハイシーズンに利用したい場合は、通常時よりもより多くのマイルが必要になります。

また、閑散期については通常時よりも少ないマイルで利用が出いるようになっています。例をいくつか参照してみましょう(全日空のHPより引用)。

基本的には、シーズンによって必要マイル数は増減します。

人気のある時期は当然ながら必要マイル数は増加します。

マイルを利用して座席獲得をした場合、その航空券を利用しなかった場合はマイルは戻りません。

行先別にどのくらいマイルが必要であるかについて確認するときは、以下のサイトを確認してください。

最後に

ポイントサイトを活用したマイル獲得について、手軽にできる方法を紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか。

ポイントサイトのポイント反映には数か月かかるものもあるので、気長に待ちましょう。

私のおすすめとしては、月一回申請するくらいの気持ちでやるのが、長続きすると思います。

何かを手軽に行動したいという方はぜひチャレンジしてみてください。